歌で覚えるスペイン語:ニッキージャム「El perdon」/ ポジティブにフォーカスしよう

スポンサーリンク

Buenos dias!
総理の通訳
坪田です。

大好評の
「歌でマスターするスペイン語」

今回は、

今や大スターの2人である

ニッキージャム Nicky Jamと
エンリケ・イグレシアス Enrique Iglesias

の2人のコラボ曲。

EL PERDON エル・ペルドン

です。

スペイン人でお父さんの

フリオ・イグレシアス Julio Iglesias といえば、
日本でもかなり有名になりました。

その息子がエンリケです。

そして、

プエルトリコのニッキージャムは、
映画の主題歌にもなったり、と
今や超有名人です。

その2人がコラボした曲が、
El Perdon です。

しかも、

この曲のプロモーションビデオは、
なんと、コロンビアのメデジン市で
撮影されました。

メデジンのコムーナ13地区という、
スラム地区で収録されました。

こういう場所もあるのか、と
映像もみてみるといいと思います。

では、早速、

サビをみていきます。

 

Es que yo sin ti
Y tú sin mí
Dime quién puede ser feliz
Esto no me gusta
Esto no me gusta

Es que yo sin ti
Y tú sin mí
¿Dime quién puede ser feliz?
Eso no me gusta
Eso no me gusta

 

では、この部分を意識しながらこちらから

聞いて歌ってみましょう!

 

語学をマスターするコツは、
何度も聞いて、何度も繰り返すことです。

 

この曲を何回も聞いて、
何回も歌ってマスターしましょう!

 

全ての歌詞を知りたい方はこちら:

https://www.letras.com/nicky-jam/el-perdon/

 

前回のレッスンはこちら:

歌で覚えるスペイン語:ジェイ・バルビン「アグア」/ 子供と妻が〇〇にハマってます!

 

【編集後記】

コロナ疲れしている人、いませんか?

ここまで毎日感染するかどうか
心配して、外出も我慢して、

仕事も減ってきて・・・

そりゃ、誰だって、嫌になります。

それでも!!!

大事なことは、
「ポジティブに考えること」

です。

人間は、ネガティブに考えれば考えるほど、
脳が萎縮していきます。

これは、科学で証明されているのですが、

ネガティブに考え続けると、
脳が諦めモードになります。

諦めモードが最後の「絶望」までくると、

脳は、体内で毒を生成し、
「これ以上の苦痛を与えないように
死を選ぶ」こともあるのです。

体内で自分で毒を作り出してしまう。

これによって、寿命が縮まったり、
病気になったり、体が弱ったり・・・

良いことがないのは証明済みです。

ではどうしたらいいのか?

それは、

「ポジティブに考える」つまり、

「今の状況をどうやったら変えることができるか?」

これをひたすら脳に考えさせることです。

脳は無限の力があります。

「どうやったら変えられるか?」

必ず、脳は答えを見つけてくれます。

その答えを実践します。

そうすれば、必ず、未来は開けます。

僕自身も既に、今新しいことを
始めたのですが、これがめちゃくちゃ
うまくいっていて、

毎日がとても充実しています。

あなたもできます。

さあ、自分の脳に、
「どうやったら状況を変えられるか?」

指令をだしましょう!

 

Hasta luego

坪田充史 
ATSUSHI TSUBOTA

 

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで3万人5千人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで5000人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル

(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

再生回数50万回突破! Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達5000人!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

 

★インターネットラジオで『歌で学べる外国語』を学ぼう!コチラ↓

⇒ ラジオ「歌で学べる外国語」 (お気に入りに入れておくことをお勧めします!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る