今すぐ使えるスペイン語 第6回 さようなら その2

スポンサーリンク

昨日の「さようなら」はどうでしたか?

今日は、もうちょっと深めてみましょうか。

さて、
今日は、

「さようなら」その2です。

昨日の「チャオー」は、
とってもシンプルで簡単!と
すごくたくさんの反響をいただきました!

と同時に、「あれっ、あの有名な言葉は使わないの?」という
ご質問も多くいただいたので、今日はそれを紹介します!

<今日の表現>
アディ

Adiós

意味:さようなら

<ポイント>
・「オ」を強く発音する
・書くときは「o」の上にアクセント記号をつける

結構この言葉を聞いたことがある、という人がいるようで、
びっくりしました!

ただ、「アディオス」は、
中南米ではあまり使われていません。

さようならっていうのが、
結構冷たく聞こえるみたいですね。
今生の別れみたいな。
(もちろん個人差はあり、使う人もいます)


なんとも明るいラテン的考えでいいですよね!
それで、通常は、
「チャオー」を使うわけです。

え?
じゃあ、あんまり砕けた表現でなく、
「ではまた。」「またね。」的な言い方はないのかって?

ありますよ!
それは・・・次回!笑

週末、しっかりここまでの表現復習
頑張ってくださいねー!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ピンクの電話 竹内都子さんと
私がメインパーソナリティを務める
ラジオ番組
「みやちゃん・アツシの南米便り」
毎週 絶賛放送中!




#42 「南米の虫事情」はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする