映画で楽しむスペイン語「トリプルX:再起動」/ 世界の目からみる「日本酒」

スポンサーリンク

今、ニューヨークから
これを書いています。

アカデミーの皆さん、
飛行機に乗っている間、
連絡いただいたものは、
到着したら返事しますね。

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

さて、「映画で楽しむスペイン語」

今回は、

「トリプルX:再起動」 です。

こちらの映画は現在、レンタルビデオなどで
人気があるようです。

こちらは、最初の主人公登場シーンが
中米の「ドミニカ共和国」です!

そこでやり取りされる会話で
スペイン語が聞こえて来ます。

そして、挿入される曲もスペイン語!
人気歌手のニッキージャム Nickey Jamの曲で
僕のメルマガでも紹介したことがありますね。

彼は、ゲストで映画にも出演しているので、
探してみてください。

 

この映画の予告編のスペイン語版をシェアしますね。

スペイン人の発音なので、
ちょっとわかりにくいところはあると思いますが、
基本的な会話で聞き取れる部分もあるはずです。

何回も聞くと、

「このフレーズ聞いたことある!」

というものが出てくるので、

何回も聞いて、耳を慣らして行きましょう!

それでは、
予告をみて行きましょう!

聞き取れたフレーズは書き出してみましょう。

 

語学学習で重要なことは、
脳の長期記憶へインプットするために、
何度も聞いて、何度も声に出す、ことです。

3回は聞いて、声に出してみましょう。

Hasta Luego!

 

【編集後記】

コロンビアのエリート視察団と
京都で日本酒のルーツということで、

「月桂冠 大倉記念館」を訪問しました。

こちらも、

エリート視察団から、
「日本が誇る”サケ(酒)”について知ること、
そして、それをどのようにビジネスとして
展開しているかを学びたい」

という要望があったためです。

こうした場所は
通常の観光ではあまり行かないようですが、
彼らの見る「日本」「ビジネス」という視点では、

「日本酒」も大事な要素だったのです。
事前にコロンビアからの視察団であること、
ビジネスとしての視点なども
話して欲しい、という要望を
記念館にお伝えしたところ、

館長が自ら案内をしてくれることに
なりました。

館長ご自身がお出迎えをしてくださったという
真心に、視察団の一同もとても
感動していました。

館長の通訳を担当させていただきましたが、
日本酒の製造工程、
月桂冠の歴史、ビジネスの展開だけでなく、
館長の月桂冠にかける熱い思いが
ヒシヒシと伝わるとても濃い内容の
訪問となりました。

僕自身、
そこまで日本酒について詳しくなかったため、
今回の訪問はとても勉強になりました。

スペイン語では、日本酒は、

「SAKE サケ」と言います。

近年、海外での日本酒ブームはうなぎのぼりです。

中南米も同様です。

お酒を飲む人に日本酒をお土産でプレゼントすると、
喜ばれます。

ただ、

まだまだ、海外では日本酒の種類が少なく、
お店でも一種類しかないことが多いです。

日本酒は銘柄は等級で味が全然違いますよね。

それが一種類しかないのでは、
勿体無い!

 

Cultura japonesa 日本文化を世界に発信していける
僕たちだからこそ、

ここにもまた、大きなチャンスがあるのでは
ないでしょうか?

興味のある人はこうしたチャンスも
調べてみると良いと思います。

 

それでは、

Hasta luego!

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで9000人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで800人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル

(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

再生回数100,000回突破! Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達1550突破!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る