「日本語と同じ発音の スペイン語単語」No.2「かご」/ いよいよ3日後!

スポンサーリンク

6月3日に詳細を発表します!

(続きは編集後記にて)

———————————-

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/
———————————-

 

ある日、

スーパーに
コロンビア人の友達と
買い物に行った時のことです。
たくさん買い物をするので、
かごを探していて、見つけた時に
思わず日本語で「かごあった」って
叫んだら、
みんなから白い目で見られました。

なんでだろう??
思っていたら、な・なんと
僕は、スペイン語で
とんでもないことを口にしてたんです!!

 

それは・・・!!!???

 

というわけで、

大統領の通訳が教えるスペイン語

昨日からお届けしている
新シリーズ。

 

「日本語と同じ発音の
スペイン語単語」

 

これを読むことで、

いかにスペイン語の発音が簡単なのか、
わかってもらえるはずです。

 

それでは、第2回を
はじめていきます。

 

 

冒頭で紹介した話。

 

「なんで???」って友人に
聞いてみたんです。

 

そしたら、

かご Cago 意味:う○こした

っていう意味だったんです。

 

まじか!?

つまり、僕は、
日本語で

「かごがあった!」ってつもりで言ったのに、

 

コロンビア人からしたら、
「う○こした!!」って叫んでる変な日本人がいるって
なってしまったわけです。

 

超恥かしいーーーーーーーーーーー笑。

 

ちょっと汚い話になってしまって
ごめんなさいね。

 

でも、

この話に関連して、
ぜひ、しっておいたほうがいい単語は
こちらです。

 

カガ caga 意味: う○こする

影 cague 意味:私がう○こした、または、命令形の「う○こしなさい」

おかか (厳密には「かか」) 意味:う○こ

籠(かご): う○こした

 

厳密に言うと

カガール cagar という動詞で、
それの現在形だったり、過去形だったり
するんですが、

意味は、かわいく「う○こする」というより、

どちらかというと

「くそする」というような意味合いなので、
あんまり使わないほうがいいですね。

 

今日は、ちょっと
お下品な話になってしまいましたが、

絶対に知っておいた方が

恥ずかしい思いをしなくていいので、

あえて、おつたえしました。

 

さて、

スペイン語と日本語。
母音がアイウエオで

同じなので、
発音が同じな言葉が
たくさんあります。

逆に言うと、
それくらい、
日本人にとって、
スペイン語は発音しやすい外国語だ、
ということをわかってもらえるはずです。

 

あなたがスペイン語を勉強していて、
日本語を同じ発音で、
意味が全く違って面白い単語があったら、
ぜひ教えてくださいね。

このシリーズで共有させていただきたい、と
思います!

それでは、
スペイン語の発音がめちゃくちゃ簡単だって
わかってもらえたところで、
Hasta Luego!またねー!

 

【編集後記】

 

僕の日本行き、
実際は、息子の病気の検診などが
目的なのですが、

とはいえ、せっかく日本へいくので、
スペイン語セミナーを行えるように
準備をしています。

コロンビア大使館の方にも
協力をしてもらえそうです!!!

大阪と東京の2箇所で開催しますので、
絶対に参加してくださいね。

詳細は、
6月2日に発表します!

 

お楽しみに!

それでは、

アスタ・マニャーナ!

Hasta manana!

(また明日!)

 

追伸:

スペイン語エキスパート

坪田ともっとコミュニケーションを

とっていきませんか?

スペイン語の添削や質問、

スペイン語の濃い情報などを

発信しています。

ぜひ、メルマガに登録しておいてくださいね

今すぐメルマガに登録する!

→ https://canyon-ex.jp/fx20333/registro

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る