【Hola Japon!】熊本城をスペイン語で紹介!Vamos a visitar el Castillo Kumamoto!

スポンサーリンク

Buenos dias!!

総理の通訳 坪田です。

<Hola Japonチャンネル>

スペイン語で日本を紹介する
僕のYoutubeチャンネル
『Hola Japon!』

今回は「熊本城」をスペイン語で
紹介してみましょう!

 

熊本城に初めて行きました。

あまりにも素晴らしくて大感動!

熊本城の城下町のような場所があり、
そこが観光地になっています!

さて、どんなところなのか?

それをスペイン語で話ししているので、
ぜひ聞いてみてください。

 

スペイン語のレッスンでもありますので、
熊本城をイメージしながら動画をみましょう。

ポイント1:

ある程度イメージができていると、
言葉が拾いやすくなります。

ポイント2:

そして、全部を聞き取ろうと
しないことです。

 

初級の時は、全部を聞こうと
するよりも、聞き取れる単語を
探すということに意識をします。

 

そうすると、

「おっ今日は知っている単語が
3つ出てきた。」とか

「4つ単語が聞き取れた」、と

達成感を味わえます。

 

これを『成功体験』と言います。

脳は成功体験を積むと、
ドーパミンという物質を出し、
体全体に行き渡り、快感、満足感を
得ることができます。

 

すると、もっと頑張りたい、と
モチベーションが上がります。

 

「スペイン語聞き取れる!」
「もっとやりたい!」と
思えるようになるのです。

 

これを繰り返していくと、
モチベーションが高いまま、
少しずつ聞き取れる単語、フレーズが
増えていきます。

 

最初から欲張らない、と
いうことですね。

 

ぜひやってみてください。

それでは、こちらからどうぞ!

 

前回のHOLA JAPONはこちら:

Hola Japon! 東京おすすめホテルは? Cual es el mejor hotel en Tokio?

 

【編集後記】

今回、初めて熊本に行ったのですが、
いいところですね。

今回は残念ながら、地震の影響で、
天守閣に登ることができませんでした。

城壁などがいまだに崩れていて、
いかに大変な地震だったのか、を
感じました。

被災された方の早い復興を
お祈りします。

僕も少しでも貢献できれば、と考えていたら、

「復興城主」という看板が目に入ってきました。

「城主!!!」と気になって
話を聞いてみたら、

「寄付することで城主になれ、
永遠に名前が熊本城に刻まれる」

ということでした。

「人のお役に立とうという気持ち」を
学んでもらおうと、

息子に説明をすると、

「ぜひやらせてほしい」と言ったので、

息子に「復興城主」になってもらいました。

「復興城主」というカードに自分でサインをし、
受け取った時に、

「天守閣が完成したらまた見にきたい」と
少し胸を張って言っている息子の姿が、
一瞬、たくましく見えました。

世界トップクラスの人たちは、
自分の会社や仕事に子供を連れて行きます。

そして、

ビジネスを
「知って」「見て」「体験させる」のです。

これこそが最高の「教育」と

僕も彼らから学んだので、

こうして息子には
今からビジネス感覚や社会感覚を
学んでもらうようにしています。

今回は「寄付」や「社会に貢献」することの
大切さを学んでもらえたのでは、
と思っています。

息子がまた一歩成長できる機会をもらえた
熊本に大感謝です。

 

それでは、

Hasta luego!!!

追伸:

今回のHola Japon!のように
語学で日本を紹介してみたい、と
思う方はまずは暗記しないでペラペラに
なれる方法を試してみてください

こちらから

↓↓↓

https://zenith-ep.com/fx/zxB2sg

 

語学マスターを
必ず成し遂げて人生を変えてくださいね。

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで22000人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで3000人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達2300

突破!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る