【スペイン語ジェスチャー】だめだこりゃ。/ ラルフローレンって便利

スポンサーリンク

中南米で

ラルフローレンって

とても便利なんです。

(続きは編集後記で)

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

「大統領の通訳が教えるスペイン語」

「日付・月」最速完全インプット!

(今日は何日ですか?)

PARTE 2(パート2)

配信中!

メルマガに登録して

プロに添削してもらおう!

動画での解説はこちらです
5分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

必ずチェックしてくださいね!

===============

今すぐメルマガに登録する!

→ https://canyon-ex.jp/fx20333/registro

===============

 

 

今日は、

大好評の

「初心者こそ極めたいスペイン語ジェスチャー」

です。

 

「だめだこりゃ」

って意味です。

 

めちゃくちゃ使える表現です。

 

ぜひ、チェックして、

使ってくださいね。

 

===============

動画での解説はこちらです
5分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓↓

=====================

 

 

<編集後記>

 

動画の中でも

触れましたが、

中南米、

特に、

コロンビアでは、

上流階級の人たちは、

「ラルフローレン」を

カジュアルシャツとして

よく来ています。

「男女ともに」、です。

 

これを着ていると

ある意味、

ステータスになるんですね。

 

中南米の人たちは、

かなり、外見を重視します。

 

見た目とか、

服装とかで、

相手を判断します。

 

なので、

ラルフを着ていることで、

「上流階級です。」

ということになるわけですね。

 

ラルフって、

こちらでは結構高いんですが、

日本だと

安く変える方法ありますよね。

 

日本人も、

中南米の人たちからしたら

外国人なので、

 

見た目で、

損しないように、

 

ラルフは用意しておくと

いいかもしれませんよ笑。

 

それでは、

アスタ・マニャーナ!

Hasta manana!

(また明日!)

 

追伸:

今後、メルマガ読者限定で、

スペイン語に関する質問にお答えしたり、

より一層、スペイン語で役立つコンテンツを

配信していく予定です。

今のうちにメルマガに登録しておいてくださいね。

===============

メルマガ登録に登録して

読者限定の役立つ

スペイン語コンテンツを受け取る

↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/registro

===============

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る