なぜ英語じゃなくてスペイン語を学んだ方がいいのか?

スポンサーリンク

スペイン語があなたの人生を輝かせてくれます!

 

あなたは夢をつかむための「武器」をもっていますか?

 

 

ーいわゆる手に職をつける

ー資格をとる

ーいい大学を出る

 

将来を保証させるために、様々努力をしていると思うんですが、

その中で、

 

「語学」を習得しようと思っている人も多いかと思います。

 

しかし、

最近、

「英語が話せる」ということにはあまり価値がなくなってきていると

思うんですよね。

だって、帰国子女が溢れるほどいて、

アメリカ、イギリス、オーストラリアへ留学する人も

山ほどいて、

そんな中で、

英語を武器にして、

就職を勝ち取ろうとか、

厳しい社会を生き抜いていこうとか、

考えただけでも

頭が痛くなってきそうです。

 

「俺、勝ち残れるかなあ」

って不安ばかりがよぎってきてしまう・・・。

 

これはなぜだかわかりますか?

なぜって、

競争相手が多すぎるからですよ。

 

最近言われているのは

 

「英語はできて当たり前。

その上で、もう一つ言語ができないと・・・」

 

英語だって、むずかしいのに、

さらにもう一つなんで不可能。

 

 

じゃあ、

今から語学を勉強しようって思っているのに、

どうしたらいいの?

って思うあなた。

 

答えは二つに一つです。

 

1。頑張って英語をマスターして、さらに、もう一つ言語を習得する。

2。あえて別の言語をマスターして、競争の少ないところで勝負する

 

あなたなら、どちらを選びますか?



ポイントは、

 

「自分の存在価値を示せる場所はどこか?」

 

「自分が輝ける場所はどこか?」

 

です。

 

今から帰国子女と戦って勝てるかって話です。

 

 

僕は、スペイン語を選んで成功しました。

では、なぜスペイン語だったのか?

先ほどの質問で

2を選んで、英語じゃない外国語に興味を持ったあなたに、

次回説明したいと思います。

 

お楽しみにー。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

南米・コロンビア・スペイン語のエキスパート:坪田充史の個人ブログ

「コロンビアに生きる!」

南米の役立つ情報を発信中!

https://ameblo.jp/marcelo1012/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
花の国コロンビア公式ブログ随時更新中!

花に興味のある人、
フラワービジネスに興味のある人、
必見です!

https://ameblo.jp/hananokunicolombia/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ピンクの電話 竹内都子さんと
私がメインパーソナリティを務める
ラジオ番組
「みやちゃん・アツシの南米便り」
毎週 絶賛放送中!

#43 「南米の環境問題」 ぜひ聴いてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る