モチベーションを高めるためにメキシコのイベントへ行ってみよう!

スポンサーリンク
92967-004-f402175b

buenos dias!

スペイン語エキスパートの
坪田です。

 

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

よくいただく質問で、
「モチベーションが続かない」

というのがあります。

ただ、机の前に向かって単語帳を見ながら、
スペイン語を勉強しても
当然モチベーションは下がります。

そもそも、スペイン語は
コミュニケーション能力なので、
相手がいて初めて役立ちます。

相手に通じた! 相手の言っていることがわかる!

そうして、初めて、モチベーションも上がります。

だから、実践で学べ!といつも教えているわけです。

そして、もう一つ、

中南米のイベントに行くことを勧めています。
言語とは、文化の結晶です。

スペイン語を理解するために
中南米の文化を知るということは
とても重要なのです。

また、語学の習得への
モチベーションを上げる、という意味でも、
中南米のイベントに参加するのは
とても効果的です。

ちょうど、今週、

メキシコのイベントがあります。

ぜひ、時間を作って、
行ってみてください。

ネイティブと仲良くなって、
スペイン語を使う機会ができたり、

スペイン語を学ぶ日本人の
仲間ができるかもしれませんね!

詳細を下記に記しますね。

特に17日のメキシコ祭りが楽しそうです!

VIVE MEXICO – TOKYO
OFFICIAL PROGRAM
(ENGLISH AND SPANISH FOLLOW THIS)

9月12日(月)
オープニング
美術展
「レシエンテ(近頃)」
第一回ベラクルス大学メキシコ現代アーティストによる美術展(ハラパ、ベラクルス)

「アモルテ」
トドス・デハモス・ウエジャ財団によるアーティスト、アルバロ・クエバス氏の絵画展。「供物」フェスティバル(グアダラハラ)より。

オープニング記念カクテルパーティー
場所:セルバンテス文化センター東京 2階ギャラリー
〒112-0085 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル
時間:19時〜
入場無料

9月13日(火)
「日本における死者の日」*
講演 「お盆から万霊節へ」
講演者:文化人類学者 アルフォンソ・ガルドゥーニョ博士
メキシコと日本における死者のための伝統と儀式にみられる文化的アナロジー
* 日本語通訳あり

映画
アニメ短編映画上映(フェスティバル「死者の日(パリ)」セレクション)
場所:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリウム
〒112-0085 東京都千代田区六番町2-9
時間:19時〜
参加費:1,000円
*協力:「死者の日」(日本)・フェスティバル「死者の日」(パリ)

9月14日(水)
映画上映
ドキュメンタリー映画「Hecho en México(エチョ・エン・メヒコ)」
監督:ダンカン・ブリッジマン

映画
短編映画上映
メキシコ短編映画祭によるセレクション
場所:在日メキシコ大使館 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1
時間:19時〜
入場無料
(予約:参加ご希望の方は次のアドレスにお申し込みください:culturalembjap@sre.gob.mx)

9月15日(木)
音楽
コンサート「ボレロとランチェーラの間で」
歌:ロシオ・アリエタ、アントニオ・ブカマン
ビジュアールアートデザイン・舞台美術:アレハンドロ・プエブラ
制作:アルテ・エン・エセナリオ(メキシコ・シティ)
場所:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリウム
〒112-0085 東京都千代田区六番町2-9
時間:19時〜
参加費:2,000円

9月16日(金)
コンテンポラリーダンス
ジョアナ・セグーラ「デサビターダ」
振り付け・踊り:ジョアナ・セグーラ
音楽:ヘスース・カマーチョ
演奏:セシリア・リベーラ
センソダンサ「ブランカ」
振り付け・演出:ディアナ・フェルナンデス
音楽ミキシング:ルイス・ソロルサノ&ディアナ・フェルナンデス
照明:ディアナ・フェルナンデス
踊り:アドリアナ・エルナンデス、ガイラ・イリリア、ディアナ・フェルナンデス
場所:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリウム
〒112-0085 東京都千代田区六番町2-9
時間:19時〜
参加費:2,000円

9月17日(土)
舞台
演劇・ダンス・映像・音楽
「Hecho en México(エチョ・エン・メヒコ)」
多言語上演:日本語、スペイン語、英語、フランス語
字幕:スペイン語・日本語
企画:国際文化集団「ナデーシダ」
スペイン・メキシコ・日本合作
振り付け:ディアナ・フェルナンデス(センソダンサ、メキシコ)
映像:ダイラ・アル・モサー(エジプト)
原案・演出:ミゲール・バイロン(メキシコ)
出演:かりやひろこ、ファビアン・バリクワン、山田舜也、松本沙和、
トゥフィヒトゥリ・アクディム、ミシェル・ペルス、ステファン・ブサン
踊り:アドリアナ・フェルナンデス
場所:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリウム
〒112-0085 東京都千代田区六番町2-9
時間:15時〜
観劇料:2,000円

9月17日(土)
メキシコ祭り(フィナーレ)
メキシコ料理(ビュッフェスタイル)、メキシコの飲み物(飲み放題)、
ダンスレッスン、ライブ音楽、コンサート、ダンス、短編映画、パーフォマンスなど
場所:わなびば333レンタルスペース(馬喰横山駅より徒歩2分)
時間:18時〜
入場料:3,900円

*プログラムは変更となる場合があります。
プログラムの詳細については、次のホームページをご覧ください。

http://vivemexicotokyo.com/

それでは、

Hasta luego!

坪田

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る