歌で覚えるスペイン語「Quiero verte otra vez」(もう一度会いたい)/ コーヒーのおいしい飲み方

スポンサーリンク
Quiero-verte-otra-Vez-Cover-EDIT-2

コーヒーのおいしい飲み方
教えてもらいました。

(続きは編集後記で)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

Buenos dias! Como esta?

(おはようございます。
お元気ですか?)

 

安倍総理やコロンビア大統領の通訳
コロンビアエキスパートの
坪田です。

 

今日もラテンポップで
モチベーションをあげて、

 

歌いながら楽しくスペイン語を学習、
勉強しましょう!

 

今日の「歌で覚えるスペイン語」は、
こちら

 

↓↓↓

 

コロンビア人ユニット

ビガル アンド エル ジェイク Bigal & L. Jake

のアップテンポなチューン

「Quiero verte otra vez」
(もう一度君に会いたい)

 

です。

 

では、いつものようにサビです。
覚えて唄えるようになりましょう。

トゥ エレス ミ プリンセサ
Tu eres mi princesa
君は僕のお姫様

ラ ケ ウン ディア アパレスィオ エン ミ カミーノ
la que un día apareció en mi camino
僕の道にある日現れた人。

ケ ノ ダリア ポル エスタール コンティーゴ
Que no daría por estar con tigo
君と一緒にいるためなら何もいらない

 

イ カンタールテ ペガーダ アル オイード
Y cantarte pegada al oído
君の耳元で歌うよ。

ケ エレス ミ プリンセサ
Que eres mi princesa
君は僕のお姫様

 

エレス エル アルギエン ケ スィエンプレ エ エスペラード
Eres el alguien que siempre he esperado
君は僕がずっと待っていた人。

 

フエ タン エルモーソ テネールテ エン ミス ブラソス
Fue tan hermoso tenerte en mis brazos
僕の腕の中に君がいたのは何て素敵なことだったろう。

イ ポル エソ ケ アオラ テ ジャモ
Y por eso es que ahora te llamo
だから今、君を呼ぶよ。

ポルケ オイ キエロ ベールテ オートラ ベス
Por que hoy quiero verte otra vez
だって、今日君にまた会いたいから。

eh eh eh eh eh eh eh eh eh eh eh wou

eh eh eh eh eh eh eh eh eh eh eh wou

ジョ キエロ ボルベールテ ア ベール
yo quiero volverte a ver
君にもう一度会いたい

 

では、動画をみながら
歌を歌ってくださいね。

今回は動画にも歌詞がついていますよ!

動画はこちらから!

↓↓↓

全歌詞はこちらから

↓↓↓

https://www.musixmatch.com/es/letras/Bigal-L-Jake/Quiero-Verte-Otra-Vez

 

脳の長期記憶に
覚えたことをインストールするには、
「繰り返す」ことがとても大切です!

 

今日の曲を最低3回は聴いて
歌って見ましょう!
楽しんでいきましょう!

 

チャオー Chao-
(意味: バイバイ)

 

【編集後記】

 

コロンビアといえばコーヒー!

コロンビアでは、
コーヒー生産者連合会が展開する

「フアンバルデス」コーヒーショップ

がチェーン店として沢山あります。
コロンビアコーヒー専門店で、

現在アメリカ、ヨーロッパ、
中南米諸国でも大きく展開してます。

その本店が、首都ボゴタにありますが、

そこでは、コーヒーのおいしい飲み方も
教えてくれます。

コロンビアの最高級の豆を頼むと、
その場で入れてくれます。

そこで面白かったのが、

説明の中で、

「おいしい飲み方は、
アメリカやヨーロッパで考えられ、
その後日本で洗練されてます」って。笑。

しかも、使っている器具もハリオだし。
(日本のメーカー)

やっぱり日本ってすごいですね。
日本人であることに誇りを持てました。

 

日本人というのは、
一般的に海外では、

「すでにあるものをより良いものにする能力」

が非常に優れていると言われます。

ありがたい評価ですね。

であるなら、

やはり、語学の勉強の仕方も
より洗練されたものを

「日本から海外に発信していく」ように

なっていかなくては、と思います。

他言語を扱う国際人が
日本からもっと輩出されるべきです。

「2020年までに1000人の
スペイン語を話す人材を育てる」

「あるものをより洗練したものに」

できる日本人だからこそ、

語学も他国の人よりも早く身につけることが
できるはずです!

 

この大きな夢をあなたと一緒に実現していきましょう!

 

それでは、

アスタ・ルエゴ!

坪田

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る