歌で覚えるスペイン語:ヘンテ・デ・ソナ「マス・マカレナ」/ アボカド大国から輸入するには?

スポンサーリンク
GDZ_MasMacarena_single_layered_Square_Delivery

アボカド大国はどこでしょう?
その中にはあの国も
含まれていました!

 

(続きは編集後記で)

 

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

オラー! コモ エスタ?
Hola Como esta?

ラテンポップで
モチベーションをあげて、
歌いながら楽しく
スペイン語を学習、勉強しましょう!

今日の「歌で覚えるスペイン語」は、
こちら

↓↓↓

 

読者の皆さんにも大人気!

ヘンテ・デ・ソナの新曲が出ました!

しかも、誰もが知っているあの曲の
リメイクです!

 

1996年、

日本でもブームになった

ダンス曲「マカレナ」。みんなで同じ振りを踊る
先駆けとも言える曲ですね。

この曲を歌っていたスペイン人歌手

デ・ロス・リオスとタッグを組み、
曲のタイトルもユーモアたっぷりで

「マス・マカレナ」mas macarena
(意味:もっとマカレナ)

です。

 

またブームが起きるかも!?
一緒に振りも覚えて、
中南米ネイティブと一緒に
歌って踊りましょう!

 

まずはサビの部分から
覚えていきましょう!

ダレ ア トゥ クエルポ アレグリア マカレナ
Dale a tu cuerpo alegria Macarena
意味:元気だしなよ。マカレナ(女性の名前)

 

ケ トゥ クエルポ エス パ ダールレ アレグリア イ コーサ ブエナ
Que tu cuerpo es pa’ darle alegria y cosa buena
意味:君の体は喜びや良いことのためにあるんだから。

 

ダレ ア トゥ クエルポ アレグリア マカレナ
Dale a tu cuerpo alegria Macarena
意味:元気だしなよ。マカレナ(女性の名前)

ヘイ マカレナ
Hey Macarena

意味: ヘイ、マカレナ

 

 

では、動画をみながら
歌を歌ってくださいね。

動画はこちらから!

↓↓↓

 

全歌詞はこちらから

↓↓↓

http://www.musica.com/letras.asp?letra=2254007

 

脳の長期記憶に
覚えたことをインストールするには、
「繰り返す」ことがとても大切です!

今日の曲を最低3回は聴いて
歌って見ましょう!
楽しんでいきましょう!

<編集後記>

森のバターと言われ、
世界一栄養価が高い果物として
大人気のアボカド。

今日はコロンビアのアボカドの
真ん中で切った時の写真です。

先日、
「コロンビアのアボカドを輸入しませんか?」
と書いたら、

「やりたいです」という
コメントをたくさんいただきました。

 

僕の読者さんは、
スペイン語を学ぶだけでなく、
スペイン語を使って「稼ぐ」ことに
意識のある方も多いので、

好評だったアボカドの投稿について、
ビジネスの観点から書いてみますね。

こうした中南米の特産を
日本へ輸入する、というのは、
スペイン語ができると、
他の人にはできない
強烈なビジネスチャンスになります!

 

そこで、
ちょっとだけ
調べてみました。笑。

日本の税関によれば、
年々、アボカドの輸入量は増加!

ダントツでメキシコから輸入されていますが、

輸入国ランキングでは、

1位:メキシコ

2位:アメリカ

3位:ニュージーランド

4位:チリ

5位:ペルー

(20134年財務省統計)

 

しかし!!!

 

主要生産国5カ国を見てみると・・・

 

1位:メキシコ

2位:ドミニカ共和国

3位:コロンビア

4位:ペルー

5位:インドネシア

 

3位に、コロンビアが入っています!

 

じゃあ、なんで、

コロンビアからは
輸入されていないのか?

 

どうやら、
コロンビアとしては
輸出したいようですが、
日本の農水との
植物検疫上の調整で
時間がかかっているようですね。

とはいえ、
今後、日本とコロンビアは
EPAが締結され、関税0%にもなりますし、

こういうまだ誰もやっていない時こそが
ビジネスチャンスですよ!

解禁されたら、あっという間です!

 

自分がスペイン語を使って、
どう稼ぐか?

考えながらこうした情報を
受け取って、消化してくださいね!

 

それでは、

Hasta luego!
アスタ・ルエゴ!

(またねー!)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る