【歌で覚えるスペイン語】メレンゲ「ペガメ・トゥス・ビスィオス」/ アルゼンチンは何語を話す?

スポンサーリンク
eddy-herrera_viviendo-al-tiempo

アルゼンチンって

何語を話すか知ってます?

(続きは編集後記にて)

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

オラー! コモ エスタス?

Hola Como estas?

 

ラテンポップで

モチベーションをあげて、

歌いながら楽しくスペイン語を学習、勉強しましょう!

 

今日の「歌で覚えるスペイン語」は、

こちら

↓↓↓

「ペガメ・トゥス・ビスィオス」

Pegame tus vicios

(意味:君の悪い癖を俺にうつしてくれ)

 

今日は、

メレンゲの本場、

ドミニカ共和国から。

メレンゲといえば、この人っていう人が

何人かいますが、その一人、

エディ・エレーラ( Eddy Herrera)です。

 

彼の曲は、

クラブで必ずっていうほど

かかるものがいっぱいありますが、

そのうちの一つです。

 

今回は歌詞だけでなく、

メレンゲの雰囲気、

そして、カリブや中南米の雰囲気を

感じてもらえるよう、

リミックスバージョンを選びましたので、

動画も注目して、

どんな人たちがいて、

どんな踊りをするのかなどにも注目して、

現地がイメージできるように

なってくださいね。

「イメージ化」が

スペイン語マスターの鍵ですからね。

 

 

では早速、

曲を聴いてください。

↓↓↓

 

 

さあ、

サビの部分です!

歌詞を覚えましょう!

 

ペガメ トゥ ビスィオ ウーーーーー、 エル ビスィオ デ トゥス ラビオス

Pegame tu vicio hmmmm, el vicio de tus labios

意味:君の悪い癖をおれにうつしてくれ。ウーー。君の唇の悪い癖を。

 

ベン ペガメ トゥ ビスィオ マミ、 エル ビスィオ デ トゥス ラビオス
ven pegame tu vicio mami, el vicio de tus labios

意味:ねえ、君の悪い癖をおれにうつしてくれ。君の唇の悪い癖を。

 

オーーーー
oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh

 

 

全歌詞はこちらから

↓↓↓

http://www.musica.com/letras.asp?letra=700227

 

 

脳の長期記憶に

覚えたことをインストールするには、

「繰り返す」ことがとても大切です!

 

今日の曲を最低3回は聴いて

歌って見ましょう!

がんばってくださいねー!

 

 

<編集後記>

リオデジャネイロでの仕事が終わり、

2カ国目のアルゼンチン、

ブエノスアイレスに到着です!

 

今回の出張は、国をまたぎます。

中南米を自在に飛び回る、、、

こんなことも

スペイン語というツールを

使いこなせるようになると

できるようになります!!!

 

さて、

ここであなたに問題!

 

アルゼンチンは、

何語を話すでしょう?

 

、、、

 

、、、

 

、、、

 

はい。

正解は、

「カステシャーノ」と

現地の人たちは答えます。

 

アルゼンチン人は、

エスパニョール(espanol、意味:スペイン語)とは

言いません。

 

カステシャーノ(Castellano)と

現地風にいうんですね。

 

まあ、スペイン語なんですけど笑。

 

アルゼンチン人って独特で、

あんまり、まわりと同じにされるのを

好みません。

しかも、自分たちがいつも1番だと思ってます。笑。

 

僕は、1年、

学生時代、語学留学で

アルゼンチンに住んだことがあるので、

そんなアルゼンチン、アルゼンチン人が

とても大好きで、

特別な思い入れがあります。

 

今回も自分のふるさとに帰ってきた気分、、、

 

それで、、、

 

アルゼンチンのカルテシャーノ

(アルゼンチンのスペイン語)は、

活用、発音、使う単語、どれをとっても、

独特です。

 

おそらく、日本で普通に

スペインのスペイン語を勉強して

アルゼンチンに着いたら、

全くわからないと思います。

 

僕も住んでいた1年は、相当苦労しました。

 

そのときのエピソードを一つ、

最後に紹介します。

 

アルゼンチンでの

外国人向けスペイン語コース。

その第一回の授業で、

外国人の生徒たちを前に、

アルゼンチン人の先生(女性)が最初に言った言葉。

 

「あなたたちは、

スペイン語を勉強しに来る国を

間違えたわね。この国のスペイン語は特殊。

一番きれいなスペイン語を話す国は、

コロンビアなのよ。」

 

そのときの言葉がずーーーっと

頭に残り、

その後、僕がコロンビアを目指すきっかけの

一つになったことは、

アルゼンチンのいい思い出です笑。

(もう一度書きますが、

僕は、アルゼンチンも大好きです)

 

それでは、

アスタ マニャーナ!

Hasta manana

(意味:また明日!)

 

追伸:

今後、メルマガ読者限定で、

スペイン語に関する質問にお答えしたり、

より一層、スペイン語で役立つコンテンツを

配信していく予定です。

今のうちにメルマガに登録しておいてくださいね。

 

===============

メルマガ登録に登録して

読者限定の役立つ

スペイン語コンテンツを受け取る

↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/registro

===============

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る