短距離走者タイプの効果的な語学勉強法とは?

スポンサーリンク
Fotolia_42610050_Subscription_XL

あなたは短距離走者タイプですか?

それとも長距離走者タイプですか?

(続きは本文で)

 

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

短距離走者タイプというのは、
いわゆる短期間で結果を出すことに
力を発揮できる人です。

そして、

長距離走者タイプとは、
じっくり取り組み、
長期的なプロジェクトなどで
結果を出せる人のことです。

どちらも長所短所はありますが、

短距離走者タイプの人が
語学を学ぼうとすると、

「長続きしない」という壁に
ぶち当たることが多々あります。

このようにいうと、

「そうなんだよー」

と同感してくれる人が多いのです。

そこで、
短距離走者タイプの人が
自分の長所を生かして、
超効果的に語学を身につける方法が
あります。

それは、メリハリをつけ、
リズムを作ることです。

どうやるか、というと、

1ヶ月か2ヶ月後に一つゴールを
設定します。

そして、そこまで全力で駆け抜けます。

これは短距離走者タイプの人は、
難しくないはずです。

そして、ゴールに見事到着したら、
また、1−2ヶ月後にゴールを設定し、
全力で駆け抜けます。

こうすると、長いスパンで走ると感じず、
短距離走の繰り返しで1年があっという間に
過ぎていき、気づいたら、長続きしてて、
語学も身についています。

これを具体的にどう行うか、というと、
能力試験を活用します。

能力試験を受けるとすると、
受験日までに勉強しなくてはいけないので、
ゴールが決まります。

しかも、お金を払うので、
落ちるわけにはいかない、という
強制力も働きます。

このようなリズムで勉強していけば、
一年後には、

・語学が飛躍的に伸び、マスターできる

・試験に受かり、実績になる「資格」が
 手に入る

・語学を使った仕事につけば、
 収入を2倍3倍にできる

と一石三鳥にもなってしまうのです。

とはいえ、
スペイン語の能力試験ってどんなものがあるの?

と不安に思う方もいると思うので、
動画を用意しましたので、
こちらから今すぐ視聴し、
短距離走者でも必勝確実なリズムを
確立しましょう。

こちらからどうぞ:

 

 

追伸:
第一話の動画はこちらです。
「スペイン語で簡単に実績をつけるには?」

https://youtu.be/hRPlPqCHpr4

期間限定なので、
なるべく早く視聴してくださいね。

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで8000人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで650人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル

(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

再生回数90,000回突破! Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達1550突破!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る