スペイン語で2種類の「暑い」を完璧に使いこなす!/ マッサージの女性が突然。。。!

スポンサーリンク
maldives-666118_1920

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

疲れたあとはマッサージ!

コロンビアで僕がいつも受ける

マッサージの女性が急に・・・

(続きは編集後記にて)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

オラー! コモ エスタス?

Hola Como estás?

 

今日の「今すぐ使えるスペイン語」では、

「暑い」の正しい使い方を

お教えしますね。

 

===============

音声での解説はこちらです
5分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓

必ずチェックしてくださいね!

===============

 

さて。

「寒い」について

お話したら、

もしかしたら「暑い」もですか?

というご質問をいただきました。

勘の鋭いあなた!大正解です。

 

なので、今日は暑いについて。。

 

暑いというのは、

スペイン語で

カロール calor と言います。

 

【発音のポイント】

 

カロール は「ロ」を強く発音します。

 

【「暑い」の表現を完璧に使いわけよう!】

 

1) 気温が高くて一般的に暑いとき

真夏日、一般的に気温が高くて「暑い」ときは

アセ カロールHace calor

意味:暑い

となります。つまり、「アセ Hace」という動詞を使います。

 

例:オイ アセ カロールhoy hace calor

意味:今日は暑いです。

 

 

2)自分が「暑い」と感じているとき

極端な例で、周りが寒くても自分だけ暑いときってありますよね。

そういう自分が「暑い」と体感しているときは、

テンゴ カロール Tengo calor

(私は)暑いです。

となります。

 

この二つの違いは、

「一般的な気温が高い=暑い」のか、

「自分や人が暑いと感じているのか」の違いです。

 

なので、

アセ カロール のときは、

主語は、「今日」とか「今朝」とか現象になるのに対し、

テンゴ カロール は、

主語が自分、私 となります。

 

これで、あなたも、ネイティブのように、「暑い」を使いこなせますね!

もし、今日のレッスンで疑問が残るようでしたら、

ぜひ、連絡くださいねー。

 

 

脳の長期記憶に

覚えたことをインストールするには、

「繰り返す」ことがとても大切です!

 

今日のフレーズを3回声に出して、

3回紙に書いて見ましょう!

 

===============

音声での解説はこちらです
5分ですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓

必ずチェックしてくださいね!

===============

 

チャオー!

Chao-!

(ではまたー)

 

 

<編集後記>

 

仕事で疲れた時は、

マッサージが一番いいですよね。

コロンビア人で上流階級の友人がいて、

その人に紹介してもらったマッサージの女性、

モニカさんは、お願いすると、

自宅まできてくれて、マッサージ用の簡易ベッドも

持ってきてくれます。

 

自宅まできてくれて、全身マッサージ1時間の

料金は、45000ペソ(今の為替だと1500円くらい)。

なので、妻も僕も、よくお願いしています。

2人でお願いしても3000円ですからねえ。

コロンビアでいろんな人の

マッサージを受けてきましたが、

どれもよくなくて、

でも、モニカさんは、日本人でも

満足できる腕を持っています。

 

長いロケ出張から戻って、

マッサージで体を癒そうと

モニカさんを呼んで、

マッサージをしてもらい、

癒された矢先、

急に、モニカさんから

「実はアルゼンチンへ引っ越すことになりました」

 

えーーーーーー

 

どうやらアルゼンチンの

高級ホテルのマッサージを

担当することになったんだ、とか。

 

我が家としては、

コロンビアで最高レベルの

マッサージ師を失うのは、

痛いですが、

彼女の前途を祝福しました。

 

ここで、

改めてスペイン語のすばらしさを

感じたわけです。

 

つまり、

スペイン語ができるというのは、

国を超えてチャンスが広がる。

 

これは日本人に対しても同じです。

スペイン語ができると、

ラテンアメリカのいろんな国で、

いろんな仕事につけます。

 

やっぱり、スペイン語って便利ですよね。

 

誰か、日本人のマッサージ師で

スペイン語習って

コロンビアきてくれないかなあ。笑。

 

それでは、

アスタ・マニャーナ!

Hasta Manana!

(意味:また明日!)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る