ラジオで「コロンビア上流階級の”究極”子育て法」を公開!

スポンサーリンク
family-1016311_1920

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

オラー! コモ エスタス?

Hola Como estas?

今日は、

「コロンビア上流階級の究極子育て法」を

内緒でお教えしちゃいます!

 

 

ラジオ番組

「みやちゃん・あつしの南米便り」でも

お話しました。

===============

ラジオの内容はこちらです
↓↓

必ずチェックしてくださいね!

===============

 

「コロンビア上流階級の

究極の子育て法」。

それは、

「実践の場で鍛える」

ということです。

 

どういうことか、

詳しく説明しますね。

 

彼らは、子供を

社交の場や、彼らが登壇する

講演に連れて行きます。

 

そして、

親がどういう言動をするかを

見せて、教えるんですね。

まさに

「親の背中を見せる」ということです。

 

座る姿勢が悪い、とか

話し方が良くない、とか、

その場その場で親も子供に教えて行きます。

 

いわゆる金持ち、上流階級が

集まる社交の場、ビジネスの場では、

学校ではおしえてくれない

処世術が必要です。

それを、小さい時から

自然と学んでいく。

これほどの教育があるでしょうか。

だから、

上流階級の子供たちは、

まとっているオーラが違います。

みたら、すぐにわかりますよ。

 

これは、脳科学的に言うと、

ミラーニューロン細胞を刺激しているんですね。

周りの人にいる人を

真似しようとする。

一流の人間に触れることで、

自分も一流の人間になっていく。

 

僕は、もちろん、

日本の普通のサラリーマンの家で

育ってますから、こういう雰囲気は、

苦手です。

でも、これからの時代を生き抜いていく

息子には、しっかりとした教育を

受けさせたい、と思い、

コロンビアの上流階級と付き合い、

その子供たちと友達になり、

その世界に飛び込んでいける

教育を受けさせる努力をしています。

 

まだ、小さいので、

全部ではないですが、

実際、社交の場などにも

極力連れて行くようにしています。

 

ふーん

で終わってしまってはだめです。

それでは他人事で終わってしまう。

自分が行動しないと。

せっかく南米に住んでいるんだから、

 

ここで学べることは

吸収して、

実際に自分の人生に活かす。

この視点が大事ですよね。

なんとなく生きてはだめです。

今日の

「究極の子育て法」

ぜひ、実践してもらえたら、

幸せです。

 

では、

アスタ・マニャーナ!

Hasta Manana!

(意味:また明日!)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る