コロンビア臨時代理大使から学ぶスペイン語を学ぶ意義

スポンサーリンク
コロンビア臨時代理大使と

オラー!コモ エスタス?

Hola! Como estas?

 

スペイン語エキスパートの

坪田です。

 

今日のテーマは、

「コロンビア臨時大使から学ぶ

スペイン語を学ぶ意義」です。

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

今日の写真は、

コロンビア大使公邸にて撮りました

アレハンドロ・ポサダ臨時代理大使との

写真です。

 

コロンビア大使館主催のイベントを

弊社で企画・実施させていただき、

レセプションパーティーを

大使公邸で行った際に、

臨時大使の通訳をさせていただきました。

 

そのときに思った

「スペイン語をコロンビアで学んだ方がいい理由」

について動画をとったので、

ぜひ、そちらもごらんください。

===============

動画での解説はこちらです
5分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

必ずチェックしてくださいね!

===============

 

動画で話していることを簡単にまとめると、、、

 

  1. スペイン語や語学というのは、

あくまでもコミュニケーションのための

ツールである、ということです。

 

このツールを使って、

観光やビジネス、文化を楽しむ、という

先が見えていることが大事ですね。

自分は、、、をするために

スペイン語を勉強したい、という

ことですね。

 

そこがはっきりしていると

途中で挫折しないです。

 

2. せっかく現地の人と

話したくてスペイン語を

勉強したいのに、

話す相手が

スペイン語で話しかけてもシカトされたり、

冷たい態度をとられたら、

やる気がなくなりますよね。

その点、

コロンビア人というのは、

おもてなしの文化に生きる人たちだから、

外国人をとても大事にしてくれます。

臨時大使だけでなく、書記官、

大使館で働くコロンビア人みんなが、

職務関係なく、

とても親身になってくれます。

 

しかも、スペイン語を話す日本人と

わかるとめちゃくちゃ喜んでくれます。

 

こういう人たちといつも一緒にいれば、

スペイン語は早く上達します。

 

スペイン語を勉強する際には、

コロンビア人と接するようにする、か、

コロンビアで勉強するのが

早道ですよー!!!

 

それでは、

アスタ・マニャーナ!

Hasta manana!

(意味 また明日!)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

https://canyon-ex.jp/fx20333/muryo1

=====================

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る