【動画】スペイン語が早すぎて聞き取れない時はどうする?

スポンサーリンク
hatena-1184896_1280

Buenos dias!
安倍総理/大統領の通訳
坪田です。

スペイン語の会話で
相手の言うことが早すぎて、
聞き取れない、と
思うことはありませんか?

もっとゆっくり話してくれれば
わかるかもしれないのに・・・

そんな時に役立つ表現が、
今週勉強している

「もっとゆっくりお願いします」

です。

===============

動画での解説はこちらです
3分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓

 

必ずチェックしてくださいね!

===============

通常、英語などで起きることは、

自分の言ったことが通じなかったり、
相手の言ったことが聞き取れなかった時、

もう一度聴き直すのが怖くて、
パニックになりますね。

でも、中南米の人たちとは
こんなことは起きません!

なぜなら、彼らは【笑顔】で
こちらがわかるまで

何度でも言ってくれるし、
何度でも聞いてくれます。

そこが彼らの暖かさだし、
優しさなんですね。

ラテン気質と言えると思います。

彼らの笑顔を見ていると、

「この人ともっと話せるように
なりたい」

と思ってしまうのだから
不思議です。

そんな時に役立つのが

「もっとゆっくりお願いします」

ゆっくり言ってもらえれば、
きっとあなたも理解できます。

どんどん使って行きましょう!

===============

動画での解説はこちらです
3分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る