今すぐ使えるスペイン語 <「寒い」をスペイン語で言う>/ 成果を出すための3つの方法part2

スポンサーリンク

 

成果を早く出すための3つの方法、

二つ目のポイントを一緒に考えていきましょう!

(続きは編集後記にて)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

オラー! コモ エスタス?

Hola Como estas?

 

今日の「今すぐ使えるスペイン語」で覚えるフレーズは、

こちら

 

↓↓↓

 

第38回 <「寒い」をスペイン語で言う>

 

 

-Part1:どんな場面?

 

飛行機の中って寒いんですよね。

こまったなあ。

 

 

-Part2:

今日の<今すぐ使えるスペイン語>

「クローズアップフレーズ」は

 

 

ンゴ・フ

Tengo Frio

= 寒いです

 

 

 

-Part3:

似た表現を、応用してみましょう。

 

テンゴ カロール

Tengo Calor

暑い

 

 

 

くっつけたパーツはこちら

↓↓

なし

 

 

 

-Part4:

今日のフレーズを3回声に出して、3回紙に書いて見ましょう!

 

 

がんばってくださいねー!

 

 

<編集後記>

 

前回に引き続き、

今日は

スペイン語を勉強しているあなたが

早く上達し、成果をだすための

3つの方法をお教えします。

 

その2:「アウトプット」する

 

脳には、

ただ聞いたり、学んだだけでは、

しっかりと記憶されません。

 

そのあと、

自分で考え、

まとめ、

誰かに話をしてみる、という

 

「アウトプット」

をすることで、

はじめて

脳にしっかりと記憶されるのです。

 

だから、

スペイン語の単語や表現を

学んだ時には、

 

「へーそうなんだ」

で終わるのではなく、

 

実際に使ってみることが重要ですね。

 

これは、

スペイン語に限らず、ですよ。

 

なにか学んだことがあったら、

すぐに、

近くにいる誰かに話をしてみる、とか、

ブログに書いてみる、とか

フェイスブックやツイッターで

共有してみる、とか。

 

こうした作業が、

実は、

めちゃくちゃ重要です!

 

まとめですが、

「成果を出すための3つの方法」の

part2は、

 

「アウトプット」する、ということです。

 

覚えた単語、

表現は、

すぐにアウトプットし、

使いましょう!

家族でもいいです。

ぜひ、

「今日 XXX

っていう表現を覚えたんだー」

と、使ってみてくださいね。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スペイン語を上達させたい人必見!

「スペイン語を確実にマスターするための3つの方法」

公開中!

↓↓↓

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法1

http://spanish-learning.jp/?p=659

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法2

http://spanish-learning.jp/?p=666

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法3

http://spanish-learning.jp/?p=668

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法4
http://spanish-learning.jp/supeingomaster4.html

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
花の国コロンビア公式ブログ随時更新中!
花に興味のある人、
フラワービジネスに興味のある人、
必見です!
http://ameblo.jp/hananokunicolombia/

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ピンクの電話 竹内都子さんと
私がメインパーソナリティを務める
ラジオ番組
「みやちゃん・アツシの南米便り」
毎週 絶賛放送中!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る