今すぐ使えるスペイン語 <「肉をください」をスペイン語で言う>/ 成果を早く出すための3つの方法part1

スポンサーリンク

成果を早く出すための3つの方法、

知りたくないですか?

(続きは編集後記にて)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

オラー! コモ エスタス?

Hola Como estas?

 

今日の「今すぐ使えるスペイン語」で覚えるフレーズは、

こちら

 

↓↓↓

 

第37回 <「肉がいいです」をスペイン語で言う>

 

 

-Part1:どんな場面?

 

飛行機で機内食サービスが始まりました。

肉かチキンかと聞かれているようです。

 

肉が食べたいなあ。

 

 

-Part2:

今日の<今すぐ使えるスペイン語>

「クローズアップフレーズ」は

 

 

カルネ・ポルファボール

Carne Por favor

= 肉をお願いします

 

ポイント

食べたいものの後に、ポルファボールをつけるだけで大丈夫です。

 

 

-Part3:

色々つけて、応用してみましょう。

 

ポージョ

Pollo

チキン

 

ペスカード

Pescado

 

 

 

くっつけたパーツはこちら

↓↓

ポルファボール

Por favor

(おねがいします)

 

 

 

-Part4:

今日のフレーズを3回声に出して、3回紙に書いて見ましょう!

 

 

がんばってくださいねー!

 

 

<編集後記>

 

スペイン語を勉強しているあなたは、

早く話せるようになりたいですよね。

 

そんなあなたのために、

今日から3回に分けて、

成果を早く出すための3つの方法を

お伝えします。

 

その1:「繰り返す」

 

脳には、

「短期記憶」

「長期記憶」

の2つの記憶装置があります。

 

あなたは、

おととい、何をして、

何を食べたか正確に覚えていますか?

・・・

難しいですね。

 

それはなぜか?

「短期記憶」にある記憶は、

48時間で忘れてしまうからです。

 

でも、

あなたは、

毎日通っている駅への道順は

間違ったことはないですよね?

(たまにあるかもしれませんが笑)

 

それは、

「長期記憶」にある記憶だからです。

 

「長期記憶」に入った記憶は

忘れません。

 

では、

どうしたら、

せっかく覚えたスペイン語の文法や

単語を長期記憶に入れることが

できるか?

 

それは、

「繰り返す」ことです。

なんどもなんども繰り返す。

 

毎日、少しでもいいから

スペイン語を使う。

 

何度も繰り返して発音してみる。

 

そうすることで、

「長期記憶」に

スペイン語が収納されていきます。

 

いいですか?

 

成果を早くだすためには、

まず

「繰り返す」ことが大事です。

 

さあ、

「長期記憶」を最大限に活用して、

スペイン語を

早く習得していきましょう!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スペイン語を上達させたい人必見!

「スペイン語を確実にマスターするための3つの方法」

公開中!

↓↓↓

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法1

http://spanish-learning.jp/?p=659

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法2

http://spanish-learning.jp/?p=666

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法3

http://spanish-learning.jp/?p=668

スペイン語を確実にマスターするための3つの方法4
http://spanish-learning.jp/supeingomaster4.html

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
花の国コロンビア公式ブログ随時更新中!
花に興味のある人、
フラワービジネスに興味のある人、
必見です!
http://ameblo.jp/hananokunicolombia/

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ピンクの電話 竹内都子さんと
私がメインパーソナリティを務める
ラジオ番組
「みやちゃん・アツシの南米便り」
毎週 絶賛放送中!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る