スペイン語挨拶「お会いしたいと思っていました」/ スペイン語スキルの無限の可能性

スポンサーリンク
nuevacamisadet

コロンビアは3位でした!

(続きは編集後記で)

———————————-

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/
———————————-

 

Hola! Como esta?

スペイン語エキスパートの
坪田です。

 

ついに、
大統領の通訳が教える

「今すぐ使えるスペイン語挨拶」シリーズ復活です。

すぐに使えて便利な表現を紹介していきますよ!

それでは、今日のテーマは

こちら

↓↓↓

<「お会いしたいと思っておりました」とスペイン語で言う>

 

Parte 1: どんな場面?

念願かない、ついに会いたかった人が目の前に。

ずっとお会いしたいと思っていた、と
素直に言ってみよう。

 

Parte 2:

今日の「今すぐ使えるスペイン語会話」フレーズは

ケリア コノセール ア ウステッ
Queria Conocer a usted.

(お会いしたいと思っていました)

 

Parte 3:ポイント、応用

ケリア Queria (querer 〜したいの過去形)

コノセール ア 〜(人)

conocer a 〜 (人)と知り合いになる、 (人)を知っている

 

Parte 4:

今日のフレーズを3回紙に書いて、
3回声に出してみましょう!

頑張ってくださいねー!

 

<編集後記>

100周年を迎えた

コパ・アメリカ。

アメリカで開催されているこの大会で、

コロンビアは100周年記念の限定ユニフォームを着用。
なんとナショナルカラーの黄色ではなく、
白のエレガンスなユニフォームに!

 

そして、

コロンビアは実に16年ぶりに4強に入り、
昨日、3位決定戦でアメリカを破り
堂々の3位となりました。

 

いやー、本当によかった。
ハメス・ロドリゲスをはじめ、
コロンビア代表の皆さん、
歴史的快挙本当におめでとうございました!!

 

さて、、、

こうした中南米の話題、
日本語のニュースになるのって、
本当にわずかですよね。

でも、日本にはその情報を知りたい人が
いっぱいいるって知っていました?

例えば、今回のコパ・アメリカ。
せめて、結果だけでも知りたいけど、
スペイン語のサイトばっかり・・・、なんていう
熱烈な南米サッカーファンとか結構いますよね。

 

そんなとき、
スペイン語ができるあなたが、
情報を発信していたら、
感謝されたり、
場合によっては、それで報酬を得たりすることが
可能になると思いませんか?

 

そうなんです。

 

スペイン語では、
まだまだ需要が圧倒的に多いのに、
その情報を提供してくれる人が
めちゃくちゃ少ない。。。

 

つまり、

「情報を制した者が世界を制す」

となるわけです。

その世界を制するのは、
「あなた」です。

この場合、
決して高いスペイン語能力は
必要ないですよね。

情報を集められるくらいのスペイン語スキルがあり、
それを「欲しい」と
思っている人に提供する、だけでいいんです。

 

とても、簡単だと思いませんか?

このようにして、
報酬を得ていくことが
これからの時代ではどんどん求められていきますよ。

そのために、
ぜひ、スペイン語スキル磨いてくださいね!

 

それでは、
アスタ・ルエゴ!

Hasta luego!

(それではまた)

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る