語学習得で見落としがちなこと/ 生徒達の成長がヤバイ

スポンサーリンク
ダウンロード

京都、浅草で生徒さん達に
実践でスペイン語を使ってもらいました
ゼロから1ヶ月での成果がヤバかったです。

(続きは編集後記で)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

さて、

語学を習得するときに、
多くの人が見落としていることがあります。

この大事な内容を動画にしましたが、
すでに脳へインプット済みでしょうか?

まだの方は、こちらから今すぐ
インプットしてください。

 

海外に行ったことがある人は、
誰でも経験がありますが、

外国人と話すと、ほぼ必ず、
日本のことを聞かれます。

 

それは、僕らが日本人だからで、
一生涯変わることはありません。

外国人の前では、
僕たちは日本代表なのです。

そのため、
嘘や間違った内容を教えたり、
知らない、という答えは、
とても恥ずかしい思いをします。

相手は、僕らを通して、
日本を知ってみたいと思っていて、
そのときにちゃんと誠実に答えることが
国際人としてとても重要です。

だからこそ、
「東京出身なのに、浅草へ行ったことない」

「京都出身だけど、観光地へは行かない」

ということはやめ、
時間があれば、日本のことを調べ、
経験を積み、スペイン語で言えるように
なっておくことがとても大切です。

外国語をやるから日本はどうでもいい、と
思っている人はとんでもない勘違いを
しているので要注意です。

外国語を学ぶ人だからこそ、
外国人に説明するために、
誰よりも日本に詳しくなってください。

 

スポンサーリンク

 

【編集後記】

「スペイン語最速マスター&
次世代型通訳ビジネスアカデミー」が

開講してわずか1ヶ月なのに、
スペイン語の成長っぷりが凄過ぎます。

先日、グループコンサルがあり、
関西組の人たちとは京都の清水寺へ。

関東組とは浅草へ行きました。

僕のサポートのもと現地で中南米からの
観光客を探し、話しかけるということを
行ったのです。

実践で学ぶスペイン語が一番早く成長できます。

メキシコ人やチリ人との素敵な出会いがあり、
参加者全員がスペイン語で彼らと話をしました。

全くのゼロからスタートした人たちも、
スペイン語で話せる、聞ける、という
成功体験を積み、さらなる成長を誓っていました。

行動することで語学はどんどん伸びて行きます。
しかし、

なかなか一人で新しいところへ飛び込むことは
脳がストレスを感じるために、行動しない、という
決断をしやすいのが現状です。

そのため、僕のレッスンでは半強制的に、
一緒にネイティブと話をしに行きます。

僕がいれば、困ったときには安心と思い、
よし、話してみようと思いますよね。

でも、一度やってしまうと、
楽しくなって、次も、次も、となります。

この第一歩のために背中を押してあげるのが
僕の役割です。

彼らはまだ1ヶ月。にもかかわらず、
この成長体験を積んでいるので、

3ヶ月後、半年後、一年後が
本当に楽しみです!

 

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで7000人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで600人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル

(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

再生回数78,000回突破! Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達1550突破!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る