英語ではなくスペイン語を勉強したほうがいい3つの理由/【スペイン語WEBセミナー】(無料)いよいよ3日後!

スポンサーリンク
image11

19日(火)スペイン語ウェブセミナー(無料)

120名以上の方に参加登録いただいています!!

ありがとうございます!

僕も、一生懸命準備しているので、

楽しみにしていてくださいね!

まだ、登録していない方は、

今すぐ登録すれば間に合いますよ!

↓↓↓

——————————————
大統領の通訳経験者

スペイン語エキスパートが行う

【スペイン語】無料オンラインセミナー
——————————————

スペイン語マスターに欠かせない

スペイン語”脳”を超速でインプットできる方法とは?

⇒ http://kmajapan.com/webinar02/

※4月19日(火)

第1部:14:00-16:00

第2部: 20:00-22:00 配信

※講師:坪田 充史

※1部と2部は同じ内容です。
——————————————

 

質問も受け付けているんですが、

これまた、たくさん質問をいただいています!

みなさん、

外国語、スペイン語を

習得したい、という熱い思いをもってらっしゃるのが

すごく伝わってきています!

僕もそれに応えられるよう

全力で回答しています。

いただいた順番に回答しているので、

しばしお待ちください。

必ず全員に返事します。

 

今日は、

その中で一番多かった質問に

ここでお答えしようと思います。

 

それは、

 

「なぜ、英語ではなくてスペイン語なんですか?」

 

です。今の時点で、質問を集約すると

これが一番多いです。

 

そこで、質問に答え流ために、

「これからの時代、

英語ではなくスペイン語を勉強したほうがいい3つの理由」

 

をお教えします。

 

 

理由は簡単です。

 

1。 英語ができるようになれば、収入がアップとか、いい就職ができるとかいうが、英語はすでに帰国子女、ハーフ、バイリンガルが山ほどいて、大人になってから勉強しても彼らには勝てないし、恥ずかしい思いをするだけ

2。 そもそも、根本的に、英語は日本人に向いていない。

3。 スペイン語ほど、日本人の体質に合っている言葉はない

 

です。詳しく説明しますね。

 

 

1については、僕も含め、みんな実体験でわかっているので、

特に話す必要がないと思うので、

今日は、2の

「そもそも、根本的に、英語は日本人に向いていない。」について説明します。

 

あなたは、

言葉には周波数がある、というのを聞いたことがありますか?

 

※周波数とは、空気中を音が伝わる時の振動数のことです。

 

人間の耳は

周波数によって、聞き取れるものと聞き取れないものがあるのは、

ラジオや無線、動物の鳴き声とかの説明で

聞いたことがあると思います。

 

では、こちらの表をみてください。

 

image11

 

日本語の周波数は、125ヘルツから1500ヘルツで話されているのですが、

英語は、なんと、2000ヘルツから15000ヘルツで話されています。

 

人間の耳は大人になればなるほど、

高い周波数のものが聞こえなくなっていくそうです。

つまり、

根本的に、

英語の周波数は、

高すぎて、日本人には聞こえないんです。

耳には入ってきているが雑音として処理されてしまうんです。

 

そりゃ 何言っているかわかりませんよね。

これを聞こえるようにするには、相当の訓練が必要だし、

どう考えたって、科学的にこう言われているんだから、

よっぽど耳がいい人じゃなきゃ無理だってわかりますよね。

万人向けじゃないんです。

 

この時点で、

どんな良い教材があっても、どんないいメソッドがあっても、

根本的に体が受けつけないっていっているのに、無意味です。

 

泳げないっていっているのに、

体にフィットする水着とか、よく見えるゴーグルとか渡すから、

水深20mの海底にある宝を取ってこいって言っているようなものです。

 

そもそも無理だってことを隠して、

「この宝が素晴らしいよ!」ってごまかす人たちがいるから

大金をつぎ込んでしまう人がいるんですね。

これは悲劇です。

 

もうこれ以上、説明はいらないですね。

 

では、次、3の

 

「スペイン語ほど、日本人の体質に合っている言葉はない」について。

もう一度表にもどりましょう。

image11

 

スペイン語をこの表で探してください。

 

スペイン語は125ヘルツから500ヘルツ

日本語と同じです。

 

つまり、

日本人にとって、スペイン語は、すーーーーーーっと

耳に入ってくるんです。

無理することなく、

自然に耳にはいってきます。

 

だから、

スペイン語を聞くと、

耳触りがいいっていう人が多くいるんですが、

それはこれが理由です。

 

さっきの例で言えば、

泳げない人が、

そもそも水に入る必要もなく、

目の前に宝が置いてある状態です。

 

これほど、体質的に

日本人にぴったりな言語はありません!

 

あとは、どうやって

勉強するかだけ間違えなければ、

スペイン語は簡単にあなたのものです!

 

とうやって勉強したら確実か?

 

それを、

19日(火)の無料ウェブセミナーで

お教えしますので、

必ず参加してくださいね!

 

【今すぐウェブセミナーに登録して、スペイン語の正しい勉強法を学ぶ】

→ http://kmajapan.com/webinar02/

 

 

いかにスペイン語が

日本人に合っているかを

わかってもらえたところで、

明日は、

日本人が外国語で一番苦労する

 

「発音」

 

がスペイン語はどれだけ簡単なのか、

ということをお教えします。

 

それでは、

アスタ・マニャーナ!

Hasta Manana

(また明日!)

 

——————————————
大統領の通訳経験者

スペイン語エキスパートが行う

【スペイン語】無料オンラインセミナー
——————————————

スペイン語マスターに欠かせない

スペイン語”脳”を超速でインプットできる方法とは?

⇒ http://kmajapan.com/webinar02/

※4月19日(火)

第1部:14:00-16:00

第2部: 20:00-22:00 配信

※講師:坪田 充史

※1部と2部は同じ内容です。
——————————————

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る