コロンビア人のお手伝いさんが作る
食事を紹介します。

(続きは編集後記で)

 

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================

Buenos dias! Como esta?

総理・大統領の通訳
スペイン語エキスパートの
坪田です。

 

今日は、読者の皆さんから頂く
質問にお答えするコーナーです。

 

今日の質問は、

「動詞の活用が覚えられません。
どうしたらいいでしょうか?」

 

確かに、スペイン語の動詞の
活用で悩む人は多いかもしれません。

これについて、
動画で回答しているので、
チェックして、
勉強に役立ててくださいね。

 

===============

音声での解説はこちらです
5分ほどですので、通勤・通学中にどうぞ!

↓↓

必ずチェックしてくださいね!

===============

 

【編集後記】

 

コロンビアでは、中流階級以上では、
お手伝いさんを雇うことが普通になっています。

なぜなら、安いからです。
8時間、掃除、洗濯、アイロンかけ、
食事を作ってもらうなどをしてもらい、
支払う料金は、大体1500円ほどです。

文化の違いですね。

そして、お手伝いさんが作る料理が
コロンビアでは一般的なのですが、
僕らからはちょっと変わっている、という
ここでも文化の違いが見れるので、
紹介したいと思います。

これです。IMG_2827

まず、
一般的にコロンビア料理は、
量が多いです。
これも二人分くらいですよね笑。

お昼だったのですが、
半分くらい残して夜に食べました。

 

今回は、豆の煮込みと
ひき肉を炒めたもの、
そして、野菜とご飯でした。

 

食事には本当に文化の違いがよく出ますよね。

どんなものを食べるのか?
どんな味付けなのか?

どちらが優れているとかは
当然ありません。

そういう視点で見るのではなく、
それぞれの文化の良さを
ここから見出していくことが
重要です。

では、このコロンビア料理から
導き出せるコロンビア文化の
素晴らしさ、とは何でしょう?

ちょっと長くなったので、
次回、説明しようと思います。

その間、あなたも、ちょっと考えてみてくださいね。

よかったら、意見を聞かせてください。

それでは、
Hasta luego!