中南米でタバコを吸える場所は?

スポンサーリンク
6579-944-550

Buenos dias!
総理大臣/大統領の通訳
坪田です。
あなたはタバコを吸いますか?
中南米でタバコを吸いたい場合の
対策をこっそり教えます

=====================

「中南米で今すぐ使えるスペイン語

60フレーズ集」

大好評で無料プレゼント中!!!

あなたも今すぐ入手して、

スペイン語の楽しさを実感してください!

こちらからどうぞ!

↓↓↓

http://kmajapan.com/imasugutsukaerusupeingo60/

=====================
中南米でもタバコを吸う人はたくさんいます。

しかし、公共の場では吸えないので、
みなさん工夫しています。

 

例えば、

歩きタバコ→ OKな国が多い。

 

この場合は、レストランなどの室内で吸えないから、
外に出た時にみなさん吸っています。

 

でも、吸っている人は
どの人もマナーがしっかりしてて、
人の顔の近くに煙が行かない様に
持ち方などが工夫されています。

各建物の出入り口

 

ここにはゴミ箱と一緒に
灰皿が置かれていることが多いです。

 

この様なところくらいしか
吸える場所がありません。

これは、個人の権利が徹底されてる
西洋文化だからこそ、だと思います。

 

吸いたい人の権利も認めるが、
吸いたくない人の権利も尊重する。

 

だから吸いたくない人が煙で嫌な思いを
しない様に徹底されている、

というわけですね。

 

コロンビアにいると、
タバコの煙を吸うことが全くないです。

お互いが、好きなことができ、
嫌な思いをしなくて良い。

この中南米くらい、
日本も喫煙所と禁煙の場所の区分けを
徹底したらいいのでは、と
思います。

 

中南米の喫煙事情について
動画をアップしています。

まだ見ていない方は
こちらからどうぞ

 

 

Hasta luego!

 

追伸:

視聴するだけで、

『わずか30日で外国人と話せる』
夢を実現する
特別動画を
期間限定でプレゼント中!

こちらからどうぞ!

https://canyon-ex.jp/fx20333/VE2e2Y

 

 

★無料で学べるスペイン語メルマガはコチラ↓ おかげさまで7000人突破!

⇒ 無料で学べるスペイン語メルマガ (2クリックで登録できます!)

 

★無料でYoutubeスペイン語ラーニングチャンネルはコチラ↓ 
おかげさまで600人突破!

⇒ 無料で学べるYoutubeスペイン語ラーニングチャンネル

(チャンネル登録大歓迎です!)

 

★<モチベーションアップ!>南米発!イチ押しラテンポップミュージック

再生回数83,000回突破! Youtubeチャンネルはコチラ↓ 
⇒ モチベーションアップ!イチオシラテンポップチャンネル
(チャンネル登録大歓迎です
!)

 

★坪田充史のフェイスブックはコチラ↓ おかげさまで友達1550突破!

⇒ 坪田充史フェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る