さちの語学留学記20 コロンビアの日本料理店2

スポンサーリンク

前回、コロンビアにある日本料理店「恋(こい)」の

店内が不思議という記事を書きましたが、今回はついに!

その不思議なお店の「料理」についてお伝えします。

 

前回の記事はこちら

http://spanish-learning.jp/?p=614

 

メニュー

 

さて、メニューを見てみると、ずらーっとお寿司の名前が続いています。

にぎりはサーモン、鯛、マグロ、イカ、ページをめくって

巻物は鉄火巻、カリフォルニアロール、そして、

ク、クレイジーロール?!

 

そこから先は、ボストンだのフロリダだの、カンサイだの

オリジナリティーが溢れかえった名前が続きます。

「ROCK&ROLL」には、さすがに笑ってしまいました。

 

料理名のとなりにある材料を見ると、チーズだったりアボカドだったり

これまたオリジナリティーのある具材名が並んでいます。

どんな料理か全く想像がつきませんよね。

 

 

気になった私は、「KATSU ROLL」と「YAKISOBA」を注文することに。

その料理がこちら。

揚げ寿司

これがKATSU ROLL

まず見た目からして、私の予想を遥かに超えていきました。

並んでます。しかも円を描くように。

中央の液体はたれのようです。

じゃあ、一緒に持ってこられたしょうゆ皿は何に使えばいいんだ?と大混乱な私。

 

そして驚くべき点がもう1つ。

揚げられています。しかも揚げたてアツアツ。

天むすならともかく、これは確実に巻きずしそのものを揚げています。

寿司、とは…?

 

しかし、味は文句なしに美味しかったです。

恐れていたお魚も、全く生臭さを感じませんでしたし、

アツアツなお寿司というのは斬新で面白かったです。

ヤキソバ

そして「YAKISOBA」。

 

バッと見は日本の焼きそばと同じようです。

たまねぎ、にんじん、キャベツの代わりの葉物野菜、豚肉。

こちらには、豚バラ肉はありませんので、豚肉は少し大きめですが。

 

ところが、麺を見るとどこか違和感が。

 

これ……「そば」です。

蕎麦粉で作られた、あのそばです。

 

文字通り、「焼きそば」だったわけです。

もう、そう来たかーという気持ちでした。

味はこれまた美味しかったです。

 

 

このように、コロンビアの日本料理店ではアッというよりは、

エッと驚くような日本料理?が見つけられます。

もちろん、私たちの良く知る日本料理も出てきますが、

コロンビア風のアレンジが加えられた料理を見るのは、新鮮で面白いですよ。

 

もしかしたら、コロンビア生まれの新たな和食が、

日本に持ち込まれる日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る