さちの語学留学記19 コロンビアの日本料理店

スポンサーリンク

近年よく耳にする「日本食ブーム」ですが、その波はコロンビアにも来ており、

国内には様々な日本料理店やお寿司屋さんが存在します。

 

が、コロンビアのレストランはちょっと?変わったメニューが多く、

入ってみると小さな驚きがいくつもあるんです。

今回は、コロンビアの不思議な日本料理店についてお伝えします!

店内の雰囲気

 

こちら、ボゴタにある日本料理店「恋(こい)」

お寿司をはじめとした、和食メニューが中心のお店です。

 

建物は黄土色の壁に高い天井のつくりになっており、少し暗めの照明が

店内に落ち着いた雰囲気を漂わせています。

 

席は中央、テラス席、暖炉際の3種類に分かれており、

テーブルの上には、ナプキンとキッコーマンのお醤油が。

着席すると、おしぼりと割りばしまで出てきます。

 

 

そんな素敵な「恋」ですが、入って早速奇妙なことに気が付きます。

満月

満月…?

何やら、壁に文字が書いてあります。

 

中央、テラス、暖炉際それぞれの場所の名前なのでしょうか。

よく見たら、お手洗いのところにも

狂気

狂気………

何でこの文字をチョイスしたのかは全く分かりません。

ごくごく普通の、きれいなお手洗いだったのですが。

手洗い場

 

疑問に思って店員さんになぜ「狂気」なのか聞いてみましたが、

店員さんはそもそも何て書いてあるのかを知りませんでした。

 

 

ちなみに、暖炉際の文字は「火事」でした。

本当に、なぜこの文字を選んだのでしょうか…。

 

 

そんな、どこかちょっとズレている気がしないでもない日本料理店「恋」では、

いったいどんな料理が出てくるのか。

次回はその気になる「料理」についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
ページ上部へ戻る