さちの語学留学記12 留学準備編6

スポンサーリンク

海外に出るにあたって、留学先でのケガや病気は心配ですよね。

ケガはともかく、病気に関しては出国前に対策を取ることができます。

 

今回は、その対策「予防接種」について書いていきます。

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s

 

海外に行けばもちろん、日本には無い病気も存在します。

現地では当たり前のように予防接種が義務付けられていても、

日本人の私たちには、予防接種どころか聞き覚えすらないようなものも。

 

そんなの気にしない、という方もいらっしゃるかと思いますが、

国や学校によっては、入国時・入学時に予防接種証明書が要求されることがあります。

 

まずは、自分の留学先の国は予防接種が必要か、

そして、どのような感染症が流行しているのか調べてみましょう。

FORTHや外務省のホームページで、国や地域別の病気に関する情報を

見ることができます。

 

 

調べてみて、予防接種が必要である、もしくは

念のため受けておきたいと考えた場合は

近くの病院で対象の予防接種を行っている場所を探しましょう。

これもFORTHのホームページ内で調べることができます。

 

予防接種は受けてすぐに効果が発揮されるわけではありません。

また、複数の予防接種を受けたい場合、1種類打った後

数週間空けてからでないと2種類目を打てないこともあります。

出発3ヶ月以上前から、医療機関や検疫所と相談して接種計画を立てましょう。

 

 

コロンビアの場合は、入国時に必要な予防接種はありません。

接種を推奨されているものとしては、黄熱病、A型肝炎、B型肝炎、破傷風

があります。

 

ですが、これを全て日本で接種するとなるとかなりお金がかかります。

また、黄熱病の接種を行っている機関も非常に少ないです。

 

しかし、現地ではなんと無料で黄熱病の予防接種ができるのです。

私も黄熱病の予防接種を、コロンビアに来てから受けました。

詳しい受け方はこちら↓

http://ameblo.jp/marcelo1012/entry-12065557998.html

 

そもそも黄熱病はコロンビア内でもアマゾン地域に行かない限り

かかる確率はかなり低いため、入国後でも間に合うのです。

予防接種は受けたいけど、お金が気になるという方は、

現地で受けるのもありです。

 

現地のワクチン接種できる医療機関については、

外務省のホームページで調べることができます。

 

 

留学先での心配を減らすためにも、留学準備の1つとして

予防接種を検討してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る