さちの語学留学記10 留学準備編4

スポンサーリンク

さあ留学に行くぞ!となった時、

どうすればいいのかよく分からない…となりがちなのが、航空チケット。

 

今回は、チケットの取得方法について

1、取得方法

2、ビザとチケット

3、海外でのチケット切り替え

の3点を中心に書いていきます。

5f3657f8560c2e01e8a0a1573d9c2118_s

 

1、取得方法

さて、私費留学はもちろん、交換留学でもチケットは

自分で準備する場合が多いかと思います。

 

エージェントを通して留学計画を立てている場合は、

大抵エージェント側でチケットを手配してもらえます。

そうでない場合は、JTBなどの旅行会社に

希望の日時の航空便を探してもらいます。

 

同じルートであっても、会社によっては料金が異なりますので

数店舗まわって料金を比較してみてもいいかもしれません。

 

 

2、ビザとチケット

チケット取得にあたって、「どのビザで入国するのか」が重要になります。

 

観光ビザで入国する場合、航空チケットは往復での購入が基本です。

というのも、片道のみのチケット所持の場合、

観光ビザで入国した後、不法滞在されてしまう恐れがあるからです。

 

国によっては片道での入国が可能なところもありますが、

入国どころか飛行機の搭乗も断られるというところもあります。

 

片道で入国したい場合は、学生ビザもしくはワーキングホリデービザを

取得しておくと確実です。

 

 

3、海外でのチケット切り替え

往復でチケットを購入したけれど、やっぱりもう少し滞在したい

もしくは、予定より早く帰りたいという場合

海外で復路のチケットを変更しなければなりません。

 

この方法は、チケットを購入した会社や、航空会社によって異なります。

 

私の場合は、チケット購入時に、

復路を変更する際は留学先(コロンビア)にある復路の航空会社に連絡し、

チケットを変更するよう言われていたのですが

いざ航空会社に連絡すると「チケットを購入した店で」

変更手続きを行うよう言われ、てんやわんやしました。

 

このような場合もありますので、変更を考えている場合は

日取りが決まり次第すぐに変更の手続きを行うことをオススメします。

 

 

いかがでしょう?

チケットの購入、意外と簡単ですよね。

出発日が決まると、留学準備もサクサク進めることができますので

まだ日付を迷っているという方も、チケットを探しに向かってみてはどうでしょうか。

 

海外の航空チケットも、日にちや乗り継ぎ回数によって

金額は変わってきます。

その辺りを調べてみて、日付を決定する材料にするのもありだと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

key-847830_1920

2016-10-24

では公開します

ページ上部へ戻る